第3新創業市おだわら・はこね

小田原・箱根はビジネスに向いている。なぜなら……

みんなのビジネススクールがはじまります。

ビジネススクールに参加する

小田原・箱根は(あまり知られていませんが)

イニシャルコストが安いなど創業するのにピッタリなんです。

  • 家賃は東京都内の50%!

    毎月かかる家賃や人件費……。小田原・箱根は都内と比べると家賃が50%安く、人件費も17%安い。小さく無理せず新しいことを始めることができます。

  • 都内までたった29分!

    小田急線ロマンスカーに乗れば新宿まで1時間強。東京はもちろん、新幹線で横浜にも名古屋・大阪方面へもすぐに行くことができるので市場が大きく広がります。

  • 誰かと誰かはつながっている!

    仕事を進める上で大切なのは、ネットワーク。これができる人いないかなって思ったら、「あの人知ってる?紹介して!」でどんどんつながります。

  • 創業支援の仕組みがたくさんある!

    自分のお店を持つ前のテストマーケティングに使える場も、創業相談の場もある。資金調達もしやすい!だから、はじめやすいんです。

去年の創業塾の先輩も続々と創業しています!

Case01

Cycle Days代表  佐々木亮さん

一生付き合っていくだろう
戦友に出会った

Cycle Days代表 佐々木亮さん

自分にとって大きかったのが、2つの人のつながりです。ひとつは、戦友というか、盟友というか、ただ楽しく遊ぶだけじゃない相手に出会えたこと。彼がいなかったら、創業できてなかったと思います。もうひとつは、ものすごく熱心に面倒を見てくださる地元の金融機関の方に出会えたこと。創業塾をとおして、すでに自分という人間を知ってくれていて信頼関係が築けたので、本当にスムーズにバックアップしていただきました。

センパイから一言 受け身でいると、学ぶ内容が頭に入ってこないかもしれません。腹をくくって(?)講座内容を盗むつもりで参加すると、いろいろ得られるものがたくさんあると思います!

Case02

株式会社エリアコンシェル代表取締役 前島真弓さん

新規創業なのに、「信用」の下駄をはかせてもらえる!

株式会社エリアコンシェル代表取締役
前島真弓さん

参加して一番ありがたかったのは、取引相手との信用を築くのがとにかくスムーズだったこと。参加から1年弱経った今、ジワジワ効いてきています。最初はそこまで期待してなかったんですけど(笑)、金融機関の方や商工会議所の方など、自力だったらたぶん知り合えなかった方とつながりもできました。今の仕事のビジネスパートナーも、実は創業塾に参加して知り合った方ばかりです。あとよかったのは「自分にとってなにが足りないのか」がわかること。創業塾のカリキュラムをとおして一通り学ぶので、頭が整理できました。

センパイから一言 創業を目指す人にとって小田原はどんどん環境が良くなっている気がします。この勢いでどんどん環境を整えていって、未来の起業家へリレーのようにバトンを渡していけたらいいなって思います。

Case03

Plum hostel 梅宮勇人さん

創業塾に参加してなければ、ホステルはできなかったかもしれない。

Plum hostel 梅宮勇人さん

僕はもともと横浜の人間で、ずっとやりたいと思っていたホステル修行のために金沢のホステルで働いていたんです。そこの師匠に「小田原とかいいんじゃない?」って言われて下見に来たのが去年の夏のこと。ビジネス上の人脈はもちろん、友達もゼロからですから。正直もっと難航するかと思ってました。驚いたのは、創業塾つながりで、仲間も、物件も、全体のアートディレクターも見つかったこと。たまたまWEBサイトを見て参加した創業塾がこんなに今の仕事に活きてくるなんて、最初は想像もできなかったです。

センパイから一言 起業って目指すのは割と簡単にできるんですが、カタチにするのが難しいんです。一人で悩むよりは、ある種のコミュニティに飛び込むつもりで参加してしまうと、カタチにする後押しになるんじゃないでしょうか。

これは気になる!と思ったら。

んビジネススクールに参加する

みんなのビジネススクール in 小田原 開講スケジュール

12/9

19:00-21:00

基調講演

やりたいこととやるべきことの両立

山崎 大祐さん(株式会社マザーハウス 代表取締役副社長)

山崎大祐さん

山崎 大祐さん

株式会社マザーハウス 代表取締役副社長

1980年東京生まれ。
慶應義塾大学在学中にベトナムでストリートチルドレンのドキュメンタリーを撮影したことをきっかけに、途上国の貧困・開発問題に興味を持ち始める。
卒業後、ゴールドマン・サックス証券にエコノミストとして入社。
その後、創業前から関わってきた株式会社マザーハウスの経営への参画を決意し、07年に取締役副社長として入社。19年から代表取締役副社長に。
他にも(株)Que社外取締役、日本ブラインドサッカー協会外部理事などをつとめる。


株式会社マザーハウスについて

株式会社マザーハウスは、「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念の下、途上国にある素材や人材の可能性に光を当てたモノ作りを行う企業。 20年3月現在、バングラデシュやネパール、インドネシア、スリランカ、インド、ミャンマーでバッグやジュエリー等の工場・工房を運営、日本、香港、台湾、シンガポールで約50店舗の直営店を展開中。

受講料

1講座2,000
受けたい講座のみ選んで受講。

本気の人に出会いたいです。
あなたも、ビジネススクールに
参加しませんか?
ビジネススクールに参加する

創業塾会場

小田原箱根商工会議所

神奈川県小田原市城内1-21

ビジネススクール に参加する

お問い合わせ

第3新創業市へのお問い合わせは

小田原箱根商工会議所

電話:
0465-23-1811
メール:
sodan@odawara-cci.or.jp