第3新創業市おだわら・はこね

都心でガツガツも、地方へターンも、しっくりこないあなたへ。

都心はなんだか窮屈すぎて。地方はすこし冒険すぎる。

そんな感覚のあなたに、第3の選択肢があります。

東京から新幹線で約30分。都会と田舎のあいだくらいの

ちょうどいい環境で、じぶんらしく起業する。

好きになれるまちで、好きなことを仕事にする。

そんな創業スタイルを、小田原・箱根は応援します。

山だって、海だって、温泉だってある。なんといっても

昔の殿さまが、お城のために選びぬいた場所ですから。

「第3新創業市」で、じぶんの城をもちませんか?

CHECK!

思い当たりませんか?

  • 転職でなく、起業したい
  • 仕事も暮らしも自分らしくありたい
  • ぶっちゃけ今が独立するタイミングだと思う
  • そろそろ、地元に戻りたい
  • このエリアで横のつながりが欲しい
  • 創業について学びたい
↓

『第3新創業市・創業塾』がはじまります。

『第3新創業市』は、小田原・箱根エリアで「創業したい」、「自分の暮らしをつくりたい」という方たちのためのプログラム。地元の行政と商工会議所、金融機関、民間企業やクリエイターが連携して、創業を後押ししていきます。2016年は8月28日のオープニングトークを皮切りに、10月11月に集中的に起業について学べる創業塾を開講します。

創業塾に参加する

小田原・箱根は(あまり知られていませんが)

イニシャルコストが安いなど創業するのにピッタリなんです。

  • 家賃は東京都内の50%!

    毎月かかる家賃や人件費……。小田原・箱根は都内と比べると家賃が50%安く、人件費も17%安い。小さく無理せず新しいことを始めることができます。

  • 都内までたった29分!

    小田急線ロマンスカーに乗れば新宿まで1時間強。東京はもちろん、新幹線で横浜にも名古屋・大阪方面へもすぐに行くことができるので市場が大きく広がります。

  • 誰かと誰かはつながっている!

    仕事を進める上で大切なのは、ネットワーク。これができる人いないかなって思ったら、「あの人知ってる?紹介して!」でどんどんつながります。

  • 創業支援の仕組みがたくさんある!

    自分のお店を持つ前のテストマーケティングに使える場も、創業相談の場もある。資金調達もしやすい!だから、はじめやすいんです。

小田原は今、注目されています!

今回の講師でもあるECバックヤード機能を作って販売するHameeは東証一部に上場。デザイン家電ベンチャーBsizeはグッドデザイン賞を受賞。じわじわと注目が高まっている小田原で創業すれば注目も集まりやすく、人とのネットワークが作りやすいんです。もちろん、この取り組みそのものも、注目を集めはじめています。

2016年7月、Hameeが東証一部に上場 Bsizeが最近グッドデザイン賞を受賞したLEDデスクライト ウェブマガジンgreenzで特集されました!

去年の創業塾の先パイも続々と創業しています!

Case01

Cycle Days代表  佐々木亮さん

一生付き合っていくだろう
戦友に出会った

Cycle Days代表 佐々木亮さん

自分にとって大きかったのが、2つの人のつながりです。ひとつは、戦友というか、盟友というか、ただ楽しく遊ぶだけじゃない相手に出会えたこと。彼がいなかったら、創業できてなかったと思います。もうひとつは、ものすごく熱心に面倒を見てくださる地元の金融機関の方に出会えたこと。創業塾をとおして、すでに自分という人間を知ってくれていて信頼関係が築けたので、本当にスムーズにバックアップしていただきました。

センパイから一言 受け身でいると、学ぶ内容が頭に入ってこないかもしれません。腹をくくって(?)講座内容を盗むつもりで参加すると、いろいろ得られるものがたくさんあると思います!

Case02

株式会社エリアコンシェル代表取締役 前島真弓さん

新規創業なのに、「信用」の下駄をはかせてもらえる!

株式会社エリアコンシェル代表取締役
前島真弓さん

参加して一番ありがたかったのは、取引相手との信用を築くのがとにかくスムーズだったこと。参加から1年弱経った今、ジワジワ効いてきています。最初はそこまで期待してなかったんですけど(笑)、金融機関の方や商工会議所の方など、自力だったらたぶん知り合えなかった方とつながりもできました。今の仕事のビジネスパートナーも、実は創業塾に参加して知り合った方ばかりです。あとよかったのは「自分にとってなにが足りないのか」がわかること。創業塾のカリキュラムをとおして一通り学ぶので、頭が整理できました。

センパイから一言 創業を目指す人にとって小田原はどんどん環境が良くなっている気がします。この勢いでどんどん環境を整えていって、未来の起業家へリレーのようにバトンを渡していけたらいいなって思います。

Case03

Plum hostel 梅宮勇人さん

創業塾に参加してなければ、ホステルはできなかったかもしれない。

Plum hostel 梅宮勇人さん

僕はもともと横浜の人間で、ずっとやりたいと思っていたホステル修行のために金沢のホステルで働いていたんです。そこの師匠に「小田原とかいいんじゃない?」って言われて下見に来たのが去年の夏のこと。ビジネス上の人脈はもちろん、友達もゼロからですから。正直もっと難航するかと思ってました。驚いたのは、創業塾つながりで、仲間も、物件も、全体のアートディレクターも見つかったこと。たまたまWEBサイトを見て参加した創業塾がこんなに今の仕事に活きてくるなんて、最初は想像もできなかったです。

センパイから一言 起業って目指すのは割と簡単にできるんですが、カタチにするのが難しいんです。一人で悩むよりは、ある種のコミュニティに飛び込むつもりで参加してしまうと、カタチにする後押しになるんじゃないでしょうか。

これは気になる!と思ったら。

創業塾に参加する

全7回 充実講師による創業塾があります。

全部受けるもよし。気になるところだけ受けるのもOK。

受講すると法人設立の際の登録免許税が半額になる特典も。くわしくはオープニングトークで。

カリキュラム

第1回

10/5 (水)

19:00-21:00

ビジネスプランニング#1

ビジネスプランマニアが語る起業のハウツー

山口 豪志 氏

山口 豪志 氏

株式会社54 代表取締役社長

1984年岡山市生まれ。2006年からクックパッド株式会社にて、創成期の広告・マーケティング事業に参加。2009年の同社IPOにトップセールスで貢献。2012年より3人目の社員としてランサーズ株式会社に参画。ビジネス開発部長として大手企業との事業提携・協業、広告企画の販売開始など初期の立ち上げに尽力。その後、2015年5月に株式会社54を創業。常時約30社のスタートアップ企業のアドバイザーとして事業戦略策定、BtoBアライアンス支援、広報部門立ち上げ等のコンサルティングを行っている。

メッセージ 事業や商いは、一度はじめたらなかなか辞められません。事業を進めて行く過程において、築き上げるのが難しく失うのが一瞬なのが、信用・信頼です。その信用・信頼こそが、最もビジネスにおいて大切なことであり、約束を積み重ねていくことでそれがより強固になります。ですから、自分が本当にやりたいこと、想いを持って取り組めるテーマで、是非とも起業をして頂きたいと思います。

第2回

10/11 (火)

19:00-21:00

ビジネスプランニング#2

小さく始めて大きく育てるビジネスプラン

木下 斉 氏

木下 斉 氏

一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事、一般社団法人公民連携事業機構理事

昭和57年生まれ。一橋大学大学院修了、経営学修士。全国各地で自ら投資して事業の立ち上げ・運営に携わる一方、現場で得た知見を体系化し発信している。単著に『まちづくりの「経営力」養成講座』(学陽書房)、『稼ぐまちが地方を変える』(NHK出版)、「まちで闘う方法論」(学芸出版)。東洋経済オンライン『地方創生のリアル』連載中。

メッセージ しっかり事業に必要な考え方と取り組み方を解説します!


草山 明久 氏

草山 明久 氏

報徳二宮神社 宮司

昭和43年生まれ。報徳二宮神社の社家に生まれ平成6年より奉職、20年より宮司。江戸時代末期に600に及ぶ農村や諸藩の財政再建を成し遂げた御祭神ニ宮尊徳翁の報徳思想と仕法を現代の地域振興に生かす活動を推進。
小田原柑橘倶楽部発起人。

第3回

10/19 (水)

19:00-21:00

先輩体験談

先輩に聞く!創業体験談

ジェフリー・ギャリッシュ氏

ジェフリー・ギャリッシュ氏

HoEigo代表取締役

1979年佐世保生まれ。数ヶ国で育てられました。オクシデンタル大学経済学部卒業後トヨタファイナンシャルに入社。2003年来日。日本で観光、証券、教育の仕事して2013年にHoEigo設立。
日本に戻って世界に誇る技術、商品、観光地を見つけたが、世界に宣伝してませんでした。日本のニーズに合わせて小田原でHoEigoの設立をしました。HoEigoはウェブサイト、外国人向けのコンテンツ、マーケティングのサービスです。沖縄県から北海道までインバウンド関係の仕事をやっています。2016年現在、子供・地域・IoTのイノベーションの為にテックラボを設立しています。

メッセージ あなたの人生の夢を人生をかけて叶えよう。今はスマートフォンの時代です。誰でも何歳でもどこでも成功できます。誰でもアイディアがあります。実行するかしないかです。
Do, react, fix and do it again. The market will decide who wins. But happiness is the goal!


安藤 義和 氏

安藤 義和 氏

株式会社奈良屋 代表取締役

1974年生まれ。2000年東京大学工学部都市工学科大学院卒、日本工営株式会社入社、アジア・アフリカなど海外でのODA事業のコンサルタント業務に携わる。その後、相続による実家「奈良屋旅館」の閉館と結婚を期に地元に戻り、旅館時代の源泉と従業員寮を利用した「Naraya Cafe & Guesthouse計画」をスタート。出来るところはセルフビルドでリノベーションを行い、2007年に足湯カフェ、2011年に雑貨店をオープン。現在、第3弾となる施設の拡張計画を実行中。

メッセージ 何かを始める前に悩んで悩んで悩み抜いた時期というのは、後に貴重な時期だったことに気づきます。拡張計画が現在進行中の僕も、皆さんと一緒で日々悩み続けています。いっそ僕のビジネスプランにもご意見いただけたら幸いです。

第4回

10/26 (水)

19:00-21:00

財務

生々しいところまで話します。融資の受け方実践編

久津間 克幸 氏

久津間 克幸 氏

さがみ信用金庫 地域元気創造部 上席調査役

1962年小田原生れ。1985年明治大学商学部商学科を卒業後、地元愛から小田原信用金庫(現・さがみ信用金庫)に就職。中小企業診断士と1級ファイナンシャルプランニング技能士の資格を取得、経営相談業務の経験は長い。2015年4月、地域元気創造部の創設と共に異動。創業支援、補助金申請支援、経営相談、事業承継支援等の業務を担当している。趣味は旅行と釣り。三国志等の歴史も大好き。最近My包丁を購入し料理を始めた。

メッセージ みなさん、こんにちは!小田原箱根は、創業するにも住むにも大変いいところだと思います。すごく魅力のあるまちです!興味のある方は、是非、参加してください。一緒にがんばりましょう。


今井 祐之 氏

今井 祐之 氏

株式会社日本政策金融公庫 小田原支店 融資課長

平成9年 国民金融公庫(現:日本政策金融公庫)入庫。入庫時より創業者の審査を担当。前職は日本政策金融公庫国民生活事業本部創業支援部に所属。創業支援の企画・立案及び全国の創業支援機関とのネットワーク構築に従事。平成27年4月より現職。小田原箱根商工会議所創業支援タスクフォース委員。

メッセージ 一緒に小田原・箱根の創業を盛り上げましょう!


8/28のオープニングトークに登場する創業塾の卒業生が再登場!実体験を交えてお話します!

踏み込んでお話します!
前島真弓氏

前島真弓さん

株式会社エリアコンシェル 代表取締役

プロフィール
佐々木亮氏

佐々木亮さん

Cycle Days代表

プロフィール

第5回

11/2 (水)

19:00-21:00

クラウドファンディング

達成者と運営者が語る、クラウドファンディング成功のコツ

本庄 深 氏

本庄 深 氏

温泉ゲストハウスHAKONE TENT オーナー
TENT Inc.代表取締役

1983年千葉県柏市生まれ。33歳。箱根町在住。大学卒業後、製造装置メーカーに4年務めるも30歳までに自分の店を持つという夢を叶えるために退職。鎌倉にあるゲストハウスで1年間修行後、2014年6月箱根の強羅にて温泉ゲストハウスHAKONE TENTをスタート。個人で始めた事業を2年後法人化し、今年が1期目となる。箱根をより一層盛り上げるための企画を構想中。

メッセージ 小田原のために一肌脱ぎます。


治田 友香 氏

治田 友香 氏

関内イノベーションイニシアティブ株式会社 代表取締役

マンションデベロッパー、NPO支援組織、起業家支援財団を経て、2013年6月から現職。NPO法立法運動、自治体・企業のNPO支援策の企画を経験。ソーシャルビジネス人材育成事業などを通じて、営利・非営利問わず起業支援に取り組む。mass×mass関内フューチャーセンター、クラウドファンディングFAAVO横浜の運営も担う。

メッセージ 創業時の資金調達の手段の一つにクラウドファンディングが注目されるようになってきました。当社が事務局を担うFAAVO横浜の実績は12件起案中11件! その極意をお伝えできればと思います。

第6回

11/8 (火)

19:00-21:00

マーケティング販促

指名されるブランドを育てる、みやじ豚の広報戦略

宮治 勇輔 氏

宮治 勇輔 氏

株式会社みやじ豚 代表取締役社長
NPO法人農家のこせがれネットワーク 代表理事

1978年神奈川県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。2006年株式会社みやじ豚を設立し代表取締役に就任。2年で神奈川県のトップブランドに押し上げる。2009年にNPO法人農家のこせがれネットワークを設立。都心で働く農家のこせがれに農業の魅力と可能性を伝え、帰農を推進する活動を開始。2015年より「農家のファミリービジネス研究会」を主宰。2010年、地域づくり総務大臣表彰個人表彰を受賞。著書に『湘南の風に吹かれて豚を売る』

メッセージ みやじ豚のビジネスモデルやBBQマーケティングなどのノウハウをこっそりお伝えします。

第7回

11/16 (火)

19:00-21:00

ベンチャーと老舗経営

小田原のベンチャー経営者と老舗経営者の体験談

樋口 敦士 氏

樋口 敦士 氏

Hamee株式会社 代表取締役CEO/COO

1977年生まれ、地元高校卒業後、大学に進学、3年時に起業。一年後に社名変更を経て現Hameeとなる法人を設立。その後、モバイルアクセサリーのEコマース、メーカー、卸売から、ECのマネジメントシステム、海外展開へと事業領域を拡張しつつ、2015年4月に東証マザーズへ上場し、2016年7月に東証一部へ市場変更。更なる進化を目指している。

メッセージ 学生時代に起業したので、経験不足から多くの失敗を経験しています。その"貴重"な経験から学び、次へ繋げるというと聞こえは良いですが、苦しい状況下でも"諦めずにやり続ける " 事で、チャンスが見え、今に至っています。私の経験談が、参加される方の起業、事業成長に少しでもお役に立てれば幸いです。


鈴木 悌介 氏

鈴木 悌介 氏

鈴廣かまぼこグループ副社長

全て受講するとキャッシュバック!単発受講もOK!

本気の人に出会いたいです。あなたも、創業塾に参加しませんか?
創業塾に参加する

第3新創業市オープニングトーク

第3新創業市オープニングトーク去年の様子
写真:去年のようす
日時
8月28日(日) 18:00〜
場所
ハルネおだわら うめまる広場
(小田原駅東口地下街)

国内外のデザイン賞を受賞する家電ベンチャーBsizeの八木氏をはじめ、去年の講座を経て起業された卒業生も登場。第3新創業市をくわしく知るならまずここへ。

ゲストスピーカー 八木 啓太 氏

ビーサイズ株式会社 代表取締役

八木啓太氏

1983年生まれ。デザインエンジニア。
2011年にBsizeを創業し、デザインとテクノロジーを融合した家電を次々に発表。国内外のデザイン賞を受賞し、ガイアの夜明けやカンブリア宮殿などでも特集されるなど、そのクリエイティブが注目されている。
受賞歴:日本グッドデザイン賞、ドイツ red dot design award ドイツ iF design award

創業塾受講生への一言

Webサービスやスマホの普及に伴い、より簡単に、低リスクに事業をスタートできる環境が整ってきました。人生をかけた創業から、気軽な週末創業まで、ご自身に応じたスタイルを、創業塾でディスカッションしましょう!

創業塾卒業生 前島 真弓 氏

株式会社エリアコンシェル 代表取締役

前島真弓氏

小田原市出身。プログラマー、SEとしてITベンチャー企業に所属後、結婚・出産を機に退職。復帰後は旅行雑誌じゃらんの営業として湯河原温泉を担当。
昨年度の第3新創業市に参加後、2016年2月に(株)エリアコンシェルを設立。現在、旅館や行政に対して、インバウント集客・受入れ支援、ハラル導入支援を行っている。今秋、インドネシア・マレーシア向けの日本情報発信サイトをオープン予定。

創業塾受講生への一言

今の小田原は起業するにはとてもいい環境が整っています!

創業塾卒業生 佐々木 亮 氏

Cycle Days代表

佐々木亮氏

1984年生まれ。愛知県名古屋市出身。
19歳からスポーツ自転車業界に入り、メカニックトレーナーや関東エリアの責任者として勤務。10年間のサラリーマン生活を経て29歳の時に海外修行旅へ。主にアフリカのナミビア共和国にてバイクチャリティや青少年サイクリングチームの運営に携わり、帰国後2016年4月に小田原駅近くにガレージショップ&コミュニティスペースとしてCycle Daysのショップをオープン。バイクチャリティや地域のレース運営等に携わりながら、ライフツールとしてのスポーツ自転車普及に務めています。

創業塾受講生への一言

前回の創業塾で出会った先輩方、仲間たちのお蔭で創業することが出来ました。やることを決めたら、あとは発信・行動あるのみです。

司会 山居 是文 氏

株式会社旧三福不動産 共同代表

山居 是文氏

1978年、小田原生まれ。東京農工大学農学部卒業。元小田原市職員。
元中華料理屋だった空き店舗をリノベーションしたコワーキングスペース「旧三福」を運営。新たに何か始めたい人がチャレンジしやすい物件を提供すべく株式会社旧三福不動産を創業。物件仲介、リノベーション、プロデュース、デザイン、プロモーションなど地域で何かを始めるために関わるもろもろが仕事。第3新創業市の企画もやってます。

創業塾受講生への一言

新しく何か始める人が増え、小田原が一層おもしろくなってきました。ぜひ仲間入りしてください。


創業塾会場

小田原箱根商工会議所

神奈川県小田原市城内1-21

創業塾に参加する

よくあるご質問

創業の予定はないのですが、セミナーを受講できますか?

もちろん創業するつもりがなくても、面白そう!と興味のある講師・分野の講座があればぜひ受講してください。


小田原・箱根以外のエリアからでも受けられますか?

小田原・箱根以外に在住・在勤の方でも受講可能です。創業をお考えになる時はぜひ小田原・箱根でお願いします!


全部は無理だけど、個別に受けられますか?

1つからでも受講できます。個別受講コースを選択し、希望の講座を選んでください。


学生ですが、受講できますか?

年齢など受講に条件はありません。興味があれば気軽に受講してください。


全部受講コースで全部受講できなかったらどうなりますか?

キャッシュバックは原則として全ての講座を受けていただくこと、ビジネスプランを書いていただくことが条件となります。キャッシュバックの対象外となってしまいますのでご了承ください。


第3新創業塾以外のメニューを利用したい時はどうすればよいですか?

まずは事務局お問い合わせください。その後個別にご紹介させていただきます。

お問い合わせ

第3新創業市へのお問い合わせは

小田原箱根商工会議所

電話:
0465-23-1811
メール:
sodan@odawara-cci.or.jp